お薦め

個人でやるよりも,プランナーなどを付けた方が良いのか?

FXをやる際にプランナーなどをつけた方が良いのか、というのはよくある質問。

為替が上がるか下がるかを見るのは得意でも、
その資金管理全体を見られる人というのは案外少ないものです。

特に100万円までは、かけられる証拠金が少なくなかなか利益が出ませんから、
生活費の中から証拠金を入れすぎてしまったり、損失を出してはお金を突っ込んでしまいがち。
FXで何千万円も突っ込んでしまう前に、
第三者による冷静な判断で資金を管理して貰った方が良いかも知れませんね。

最近では、個人向けの安価なプランを用意したプランナーもたくさんいますから、
そういった人たちに相談してみるとよいでしょう。
とくにFXのレバレッジはハイリスク・ハイリターンなのです。
自己責任とはいえ、専門家の意見は参考になります。

同じように、税金対策もバカにできない問題です。
FXにかかる税金は、なけなしの利益を飛ばしてしまうほどかかることもあります。
特に海外口座を使っている場合、税率が上がることもありますから、
儲けたお金を全て使ってしまうと支払いができなくなり、一気に未納税の犯罪者にされてしまうことも。
単に儲ければ良いというのではないのが、FXの難しいところ。

ちょっと儲かると、知らず知らずのうちにハイレバレッジでリスキーなトレードをしてしまうこともありますから、
人が見ているという意識を植え付けるためにも、
多少お金を払っても第三者のフィルタを自分の意識の中に植え付けるというのは大切なことかも知れません。

ただ、その資金を少しでも証拠金に充てて、
ロット数を増やした方が利益が少しでも乗るというのであれば、自分でやるのも手かも知れません。

FXって、24時間いつでもチャンスがあって忙しすぎるということは滅多なことではありません。
基本的にはチャンスを待って待って、数少ないチャンスに確実にエントリーすることで利益を上げていきますから、
意外に時間がかかるモノです。
そういう意味では、本を読めば手に入る知識も少なくありませんから、自分でやるというのも一案かも知れません。

FXの情報収集の仕方はこちらをご覧ください。
http://fx-cfd.net