お薦め

FX分析について

FXには様々な分析方法があります。
MACDやRSI、ボリンジャーバンドなどなど、その数は数えきれません。
それを全て覚えようとしても日が暮れてしまいます。

そこでオススメなのが、自分がどんなスタイルのトレードをするかによって、必要な分析方法を探す順番。
これなら、どんなデータが欲しいのかが明確になるので、必要なモノだけを覚えればよいのです。
FXのトレードスタイルについては、こちらをご覧ください。
http://www.reddeerjets.com

さて、この星の数ほどあるテクニカル分析の手段ですが、
ここで1つ大切なことがあるので、しっかりと頭に入れてください。

それは、少なくとも今現在では100%の精度を持った万能の指標など存在しないということです。
採用する通貨ペア、使う時間足、トレードをする時期などによって相場は着々と変化していきます。
そんな生き物のような相場に対して、1つのやり方がずっと続くなどということはあり得ません。
テクニカル分析はあくまでもトレードのヒントを引き出すための1つの方法です。
それが万能とは思わない方が良いでしょう。

また、1つのテクニカル分析で全てを決定するのも精度を下げる原因になります。
FXは9回買っても、1回の損失で総合的に見れば負け越しになることもあるシビアな勝負です。
2重、3重のリスク回避を取るのが定石です。

テクニカル指標にしても2種類、3種類以上の分析結果が一致する条件で、
エントリー・決済をすることでより高い精度のトレードができることをよく覚えておきましょう。

またいくらテクニカル分析上では有利な条件が揃っていたとしても、
要人の発言一つでガラリと様変わりするのが、現在の相場。
テクニカル分析はあくまでも市場の状態に合わせて後付けでついてくるサインの1つに過ぎません。
過度の信用をするのではなく、総合的な状況判断に使ってこそ、役に立つものなのです。

ちなみに、最近流行のライントレードも分析の手段の1つです。
これは直近の高値同士、安値同士をつないだラインをチャート上にひくことで、
これからのトレンドを予想するトレードです。

今では、MTの無料EAとして自動でトレードラインを引いてくれるものもありますが、
最終的には自分でひけるようになると、トレードの勘が身についてくると思います。

FX取引に便利なアプリはこちらをご覧ください。
http://www.themenwhostareatgoatsmovie.com